電話占いとは最終的に自分自身の気の持ちようで結果が左右される

本サイトをここまで一読して貰って、どのようなことを思いましたか。 色々と比較は大変そう、占い師選びも重要など、様々なことを思ったかと。

ともあれ、今回が最後の記事になり、オオトリになる内容となります。 それが、占い結果の受け止め方です。

今後、占いサービスを利用するとなったとき、電話占いに限らず共通して言えることなので、ぜひとも頭に入れておきたいところ。 ということで、余計な前置きは省いて、早速、本題の方に入っていきましょう。

■結局大切なことは結果の受け止め方

占いをしてもらうとき、一番大切なことは、結局のところ「結果の受け止め方」と言えるでしょう。

良い結果が出たとしても鵜呑にはしない、悪い結果が出たとしても固執しない。

これはあくまで受け止め方の例ですが、伝えたいのは、その結果をどのように活かすが非常に重要なのです。

つまり、意外と結果の内容というのは最重要ではなく、受け止めた結果、自分がどのようにしたいのか?を決めることが大切というわけです。

■電話占いとは「背中をそっと押してくれる」というサービス

つまり電話占いというサービスは、単純に悩んでいる方々の背中をそっと押して上げるサービスというものということですね。 「悩みを相談するとき、答えは既に決まっていることが多い。ただ背中を押して欲しいだけ」

よく耳にする悩みの根本の部分。 占いも全く同じ意味合いを持っていると言えるわけですね。